主に新築物件を販売するのが不動産会社

律儀に不動産契約を通した後で売ろうとするよりも、
いっそ不動産契約は切らしたままで売りに出す方が得になるので、
きっぱり訪問査定を受けてしまうのが良いです。

こういったケースにおいても単独の業者に依頼せず
複数のところから査定を受けますとより良い結果につながるでしょう。

不動産査定と仲介を比べてみた場合、
仲介のほうが勝っていると考えておられる方もおられるでしょう。

確かに仲介なら買おうとする不動産を物件の仲介額で購入額から値引けますし、
買取手続きも購入手続きもいっぺんに行えるので簡単です。

ところが、単純に売値だけを考えると、不動産査定の方が高く査定されます。
不動産大手での新築物件購入のとき、
今持っている土地の不動産会社仲介というやり方もありますよね。

しかし、実は不動産会社に仲介してもらうと、
得にならないことが多いと思われます。
主に新築物件を販売するのが不動産会社ですから、
高い値段で仲介してしまうと、高い分だけ利益が減ってしまいます。